お気に入りだけを集めました 楽天ROOM

【おひとりさまのおうち時間】雨の日のお楽しみ おすすめ7選

min

こんにちは。
雨に日のおうち時間が大好きなminです。

せっかくのお休みなのに、朝から雨がしとしと…

何だか気分が落ち込んでしまいますよね。

出かけようと思っていたのに、めんどくさくなっちゃう人も多いのでは?

そんな日は、家から出ない!」って決めてしまうと気が楽になるかも

いつも頑張っているからこそ、たまにはのんびり気ままな時間もいいものです。

せっかくだから雨のせいにして、思う存分おひとりさまのおうち時間を満喫しましょ

今回は、私のおすすめ「雨の日のお楽しみ」を7つご紹介。

目次

【おススメ】雨の日の7つのお楽しみ

①読書

たっぷりある一人の時間に最適なのは、やっぱり読書。

読みたくて買ったのに、時間がなくて開いてなかった本を読む絶好のチャンス

お気に入りのコーヒーや紅茶を丁寧に淹れて、静かな時間を気兼ねなく過ごしましょ。

②お昼寝

雨の音を聞きながらのんびりしていると、眠くなってくるもの。

自然音には独特なリズムのゆらぎ(1/fゆらぎ)があります。

特に雨音はリラックス効果が高いといわれているので、心地よくなるのも納得。

心身ともに安らげる時間は、雨の日ならではの贅沢な時間です。

③写真の整理

携帯電話は写真を撮るのに便利ですが、気が付いたらどうでもいい写真でカメラロールがいっぱいになってる人も多いはず。

アルバムを作って整理したり、必要なくなった写真は一括消去。

また、お気に入りの写真や旅行の大切な思い出はフォトブックにするのもおすすめです。

私は年に数回、この「しまうまプリント」で写真を整理するタイミングでアルバムを作ってます。

データのままだと見返すことがない写真も、アルバムにすると思わず見ちゃいます。

一緒に旅行に行った友達にプレゼントすると、とても喜ばれました。

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック

④Pinterest

大好きなPinterestも、雨の日のくつろぎ時間には必須。

海外のインテリアアイディアをのんびり探して、自分のボードにリピンする時間は違う世界に入っていきます。

今まで気づかなかった、好みの色合わせやチャレンジしたい新しいレシピなど、AIが自然と提案してくれるので時間を忘れて夢中になりますよ。

この記事ではPinterestの魅力ついて詳しく紹介しています。

⑤ドラマ一気見

何も考えず映画やドラマをひたすら観れるのも、雨の日の醍醐味

好きなスナック片手に、いつもは味わえないホームシアター気分を堪能するのも楽しいです。

普段テレビは一切見ないので、雨の日はここぞとばかりに見続けます!

⑥長風呂

お気に入りの入浴剤を入れて、お水、読みかけの本やkindleも持ち込んでの長風呂は最高のひと時。

いつもは時間に追われておざなりになってる髪を、しっかりトリートメント。

買ったのに使ってなかったボディスクラブも大活躍。

たまには贅沢にセルフケアの時間も大切ですね。

のぼせないように、水分補給しつつ楽しんで。


Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダー

私のお気に入り!Diptyqueのボディスクラブ。

ザクロオイル入りでしっとりします。

⑦ゆるヨガ

姿勢悪く、ダラダラしてばっかりも逆に疲れます

そんな時は雨音をバックミュージックに、ゆったりリラックス系のヨガをしてみてください。

各関節をゆっくり伸ばして深い呼吸をしていると、静かに緩んでくるのがわかるはず。

難しいことは考えず、ヨガマットの上で心地いいポーズをとるだけで癒されていくでしょう。

この記事では、おうちヨガのメリットを詳しく紹介しています。

さいごに

雨の日の7つのお楽しみ

  1. 読書
  2. お昼寝
  3. 写真の整理
  4. Pinterest
  5. ドラマ一気見
  6. 長風呂
  7. ゆるヨガ

雨の日はとにかく憂鬱になりやすいけど、気分を切り替えてたまには「のんびりおうち時間」を堪能しましょう。

雨音に耳を傾けて過ごす時間は、次のエネルギーを蓄える大切な時間

お気に入りの「me time」で鬱陶しい雨の日を楽しくしましょ。

では、また。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

自由気ままに自分時間を楽しむ,自称 me time エキスパート。
こつこつと自分のお気に入りや好きなことについてマイペースに書いてます。
今まで旅した国は東南アジア、ヨーロッパ、南米など約20か国。
ヨガ歴10年。英語学習中。
香水やお香、ボディクリームなどの香りものマニア。

コメント

コメントする

目次
閉じる