お気に入りだけを集めました 楽天ROOM

決めたことを習慣化するコツと簡単な6つの方法

min

こんにちは、minです。
皆さんは、習慣化したいことってありますか?

やるべきことを習慣化して豊かな生活を送ろう!と目標を決めてもなかなか継続できない?

「早寝早起きしよう」

「健康のために、毎朝ジョギングするぞ!」

など、新しい生活習慣を決めてもついつい、いつもの悪い癖で夜更かし。

結局、三日坊主で終わってしまう。

意志が弱いのか、計画が悪いのか。

自信もなくして、また悪習慣に戻ってしまう。

私も、以前はそうでした。

なんで自分で決めたことなのに、できないのかな

落ち込みますよね。

でも、習慣化するのには簡単なコツがあることに気が付いて、スムーズに行動に移せるように。

これを実行すれば、もう三日坊主にはなりません。

習慣化する簡単な6つの方法

  1. 準備する
  2. 考えない
  3. 目標は小さく具体的に
  4. 何かのついでに
  5. ハビットトラッカーの活用
  6. ほめる
目次

習慣化する簡単な6つの方法

この、習慣化するための6つの方法は、いろいろと試してみて効果があったもの。

もちろん、現在も継続中です。

①準備する

準備する

決めたことをするための準備を、事前にやる。

通常は、行動の直前にやる人が多いと思います。

が、ぜひ事前にやりましょう。

例えば。

「朝一で運動をする」と決めたら、運動の内容を決めて、トレーニングウェアを目につくところに出してから寝る。

タオルやスポーツドリンクを準備するのもいいですね。

もし、準備していないと…

朝起きて、トレーニングウェアを探して、出して、着替えて…

となると、何ともめんどくさい!

すべて準備していれば、朝起きてすぐに目に入るので、行動に移すのが簡単。

朝、目に入ったら、まず何も考えずに手に取りましょう。

そうすると、自然と次の行動に移せます。

着替えて→決めた内容で運動する

何を着るか悩んだり、ウェアを探したり、どんな運動をするのか考える時間も必要ありません。

ただ、行動するだけ。

「帰宅後に読書する」と決めたら、帰宅後一番目立つところに開いて、置いて出勤する。

「朝食はヨーグルトとフルーツ」と決めたら、夜のうちにフルーツヨーグルトを準備して冷蔵庫に入れて置く。

「休憩中に英単語を覚える」なら、覚えたい英単語を事前に携帯のリマインダーに入れておく。

ホーム画面にしてもいいかも。

あとは、とにかく繰り返すだけ!

min

毎晩、カップやコーヒー豆などをキッチンに出して寝るのが習慣。
最近は、毎朝使っているノートも一緒に準備します。

こちらの記事では、最近始めた朝の新習慣について詳しく解説しています。

これにノートを使っているので、毎晩コーヒーと一緒に置いて寝ます。

②行動する前に考えない

行動する前に考えない

これは、まさに歯を磨くのと同じ。

習慣化の基本ですね。

だれも、「今からあの歯磨き粉をつけて、右の上の奥歯から磨くぞ!」なんて意気込まないはず。

自然と、当たり前に行動してますよね。

脳は、新しいことや変化を嫌うといわれています。

この脳の性質が、習慣化するうえで一番やっかい。

自分をコントロールできない不思議は、この本能のしわざだったんです。

なので。

本能に逆らわず、脳に変化を気づかれないうちに行動する。

基本、考えない。

これが最大のコツ。

「今から新しいことをするよー」と指令が行かないように行動しちゃう。

①事前に準備する→②考えないで行動

これができれば、脳は歯磨きと同じく「いつものこと」と認識して邪魔しなくなります。

min

当時、朝ヨガとメディテーションを習慣にしたくていろいろ試した結果、ヨガマットをだしっぱなしにして、毎朝なにも考えずに続けたら…
すっかり習慣になりました。
もう、やらないと気持ち悪い感じに。

この記事では、すっかり習慣になったおうちヨガについて、メリットとコツを詳しく解説しています。

新習慣の参考にしてみてください。

③目標は小さく具体的に

目標は小さく具体的に

例えば。

「一か月で腹筋を割る」ではなく、「毎朝起きたらすぐに腹筋10回」のように、小さく具体的な目の前の目標にしましょう。

壮大な目標を立てると、現実とのギャップに継続困難な状況になりがち。

読書を習慣化したいのなら、「毎月3冊読む」ではなく「寝る前に3ページ読む」のほうが継続しやすいはず。

時間があるときは、5ページでも10ページでも可能だし、そうなると達成感もあります。

習慣になるまでは、とにかくどんなペースでも継続が一番大切。

「いつ」「どうやって」「なにを」

小さく、具体的な目標を決めたら、あせらず、コツコツ積み上げて。

その先にしか、ゴールはありません。

④何かのついでに

何かのついでに

新しい習慣を生活に組み込むとなると、問題なのが時間

新しいことを始めて、寝るのが遅くなるようじゃ生活のバランスを崩してしまいます。

そこで。

すでに習慣化している事と同じタイミングで、行動してみましょう。

例えば。

歯磨きしながら、スクワット20回。

料理中に、英語のポッドキャストを聞く。

メイク中に、オーディオブックで聞く読書。

などなど。

特に、Amazonのオーディブルだと、読書する時間の確保が難しい人でも、簡単に新習慣にできますね。

通勤中や運動しながらでも聞けるので、忙しい人にもおすすめ。

とりあえず試して、それから継続するかを考えられるので、 2か月無料のキャンペーンがあるのもはとっても魅力。

Amazonオーディブルの登録はこちら

⑤ハビットトラッカーをつける

ハビットトラッカーをつける

ハビットトラッカーは、習慣にしたいことを書き出して、毎日できたかどうかを記録する表のこと。

習慣トラッカーとも呼ばれています。

専用のノートやアプリもあるので、手軽に取り入れることができますね。

使い方は、とっても簡単。

習慣にしたいことを書いて、できた日にチェックを入れるだけ。

たったこれだけ。

でも、この効果は絶大です。

ハビットトラッカーのメリット

  • やったことが可視化されるので、継続につながる
  • 何が、どれだけ習慣かされたか一目瞭然
  • 毎日の達成感がある
  • 1か月ごとに振り返りができる

私は、毎日寝る前の習慣に。

1日の振り返りにもなるし、次の日のモチベーション維持にもなります。

⑥自分をほめる

自分をほめる

これ、大事なことです。

「このくらいできて当たり前」なんて思わないで!

きちんと自分の頑張りを認めて肯定しましょう。

小さな一歩を繰り返せる自分に自信をもって。

もし、継続できない日があっても自分を責めないで。

「そんな日もあるよね」と気持ちを切り替えて。

どんなことでも、次の日に引きずらなければ問題なし!

頑張った日は、盛大に自分をほめてください。

前向きな気持ちで習慣化を楽しみましょう。

さいごに

読書や語学学習、健康のための運動のような生活を整える習慣など。

自分で決めたことは習慣化して、継続させたいもの。

未来の自分のために、ちょっとしたコツをつかんで楽しんで試してみてください。

習慣化する簡単な6つの方法

  1. 準備する
  2. 考えない
  3. 目標は小さく具体的に
  4. 何かのついでに
  5. ハビットトラッカーの活用
  6. ほめる
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

自由気ままに自分時間を楽しむ,自称 me time エキスパート。
こつこつと自分のお気に入りや好きなことについてマイペースに書いてます。
今まで旅した国は東南アジア、ヨーロッパ、南米など約20か国。
ヨガ歴10年。英語学習中。
香水やお香、ボディクリームなどの香りものマニア。

コメント

コメントする

目次
閉じる