お気に入りだけを集めました 楽天ROOM

【屋久島登山】天柱石を目指して!ヤクスギランドをぬけて太忠岳に登ろう!

min

こんにちは。
屋久島大好きなminです。

屋久島に行ったことがある人なら、10時間かけて行く「縄文杉トレッキング」や、もののけ姫舞台といわれている「白谷雲水峡」に行ったことがある人も多いはず。

でも、屋久島には魅力的な山がたくさん!

太忠岳もそのひとつ。

山頂には40mの高さの不思議な巨石が立っています。

そして、コースもとっても魅力的

樹齢1000年を超える屋久杉。

荒川のせせらぎ。

苔に覆われた森。

花崗岩の大岩。

屋久島の自然の全てがあるといっても言い過ぎではないはず。

太忠岳がおすすめな人

  • 縄文杉、白谷雲水峡はすでに行った人
  • 屋久杉も、苔の森も楽しみたい人
  • 単調なコースが苦手な人
  • 表情豊かな森歩きが好きな人
  • 山頂から絶景が見たい人
  • アスレチックが好きな人
  • 他の人を気にせずマイペースな登山を楽しみたい人

とっても大好きな太忠岳登山コース。

屋久島登山を計画中で、どこに行こうか悩んでる人の参考になったら嬉しいです。

では、詳しく解説します!

目次

天柱石を目指して!太忠岳登山のスタートはヤクスギランド

トイレは入口左側のココだけです。必ず行っておきましょう!(写真は8月末、朝7時)

ヤクスギランドは安房から車で約30分。

標高1000mに位置しています。

空気はひんやり。

名前に「ランド」とついているので、何となく人工的なピクニック施設のような感じかと思いきや、全く違います。

樹齢1000年を超える屋久杉に出会える、様々なトレッキングコースがある素晴らしい森なんです。

そう。

10時間かけて歩かなくても、ここで見れちゃいます。

しかも。

「ヤクスギランド」という軽い名前のせいなのか、素晴らしいトレッキングコースなのに、込み合うことはありません。

体力、時間に合わせて様々なコースがあります。

太忠岳までは案内図一番上の、210分のコースで目指します。

太忠岳コース詳細

  • 歩行距離ー約8㎞
  • 標高差ー約500m
  • 所要時間ー約8時間(休憩、昼食込み)
  • レベルー中級
  • トイレー入口のみあり、コース内はなし(携帯トイレブースあり)
  • 水場ー数か所あり
  • 協力金ー500円

コース内にはトイレはありません。携帯トイレを持参しましょう。

後半は岩場があるので、手袋もあったほうがいいです。

荒川橋ーひげ長老ー小花山ー釈迦杉ー天文の森ー太忠岳。

今回は帰りも母子杉のほう(案内図下のルート)には行かず、同じルートを通ります。

7時半スタート!

つり橋があるので、水量が多いときでもトレッキングを楽しめます。

ヤクスギランドからスタートして、しばらくは舗装道、木道を歩きます。

のんびりと設置された案内を読んだり、写真を撮ったりとゆっくり進んで行きます。

約一時間、小花山のあたりまでくると誰とも遭遇しません。

こんなに美しい森を独り占めできるなんて!

この辺りは、杉の大木の切り株があちらこちらに。

その周りには若い杉がたくさん。

長い時間をかけた自然の循環に感動します。

自然のトンネル

ヤクスギランドにも縄文杉にも、アクセスが便利な安房地区。

こちらの記事では、安房の海沿いのネコ宿「旅人の宿まんまる」について詳しく解説しています。

のんびり過ごせるステキな宿。

また泊まりたい!

釈迦杉から天文の森へ

ここの湧水で水分補給。冷たくて気持ちいい!

いよいよ、釈迦杉のところまで来ました。

スタートから2時間歩いて、9時半です。

湧水もあるので水分補給しつつ、ここで休憩です。

樹齢1000年を超える釈迦杉

冷たい湧水と、甘いもので栄養補給したら、ひたすら上っていきます。

物凄く静かで、時々感じる風が心地いい。

天然アスレチック→山頂!天柱石

この先から、世界遺産エリアに入っていきます。

世界遺産エリアはまさに自然そのもの。

ぐんぐんひたすら上ります。

しばらく進むと、ロープを使って花崗岩を上っていく天然アスレチックエリアが登場。

山頂はもうすぐ!

この辺りで、11時過ぎ。

お腹すきましたー。

花崗岩のアーチを越えて…
ロープがあります。天然アスレチック!楽しい!
いざ、天柱石のもとへ!

登山に行くときは、毎回持っていくものの一つがグローブ。

特に今回は、がさがさの花崗岩をよじ登ったので、グローブが大活躍。

太忠岳に行く人は、怪我の防止にもなるので、準備することをおススメします。

山頂!天柱石とご対面

11時半、到着。

天柱石は40mの大きさ。

圧巻です!

山頂にこんな大きな岩が、こんな不安定に立ってるなんて不思議です。

近くの岩場から

山頂でお天気に恵まれると、安房の町や愛子岳が一望できます。

残念なことに、この日は里は晴れていたけれど8月下旬で気温が上昇したため、霧が出てしましました。

これは、夏場にはよくあることだそうです。

標高1497mの山頂からの絶景は次回におあずけ…

でもこの風景、実際に見るとかなり幻想的。

7時半スタートして、4時過ぎには下山完了。

休憩も散策もマイペースに楽しんで、約8時間の太忠岳登山。

最高でした。

さいごに

天柱石の後ろには神様

屋久島での登山は、縄文杉や白谷雲水峡ももちろん素晴らしいです。

でも、屋久島には魅力的な山がたっくさんあります。

ぜひ、屋久島登山の参考にしてみてください。

素敵な旅を!

太忠岳がおすすめな人

  • 屋久杉も、苔の森も楽しみたい人
  • 単調なコースが苦手な人
  • 表情豊かな森歩きが好きな人
  • 山頂から絶景が見たい人
  • アスレチックが好きな人
  • 他の人を気にせずマイペースな登山を楽しみたい人
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

自由気ままに自分時間を楽しむ,自称 me time エキスパート。
こつこつと自分のお気に入りや好きなことについてマイペースに書いてます。
今まで旅した国は東南アジア、ヨーロッパ、南米など約20か国。
ヨガ歴10年。英語学習中。
香水やお香、ボディクリームなどの香りものマニア。

コメント

コメントする

目次
閉じる